米人気番組「glee/グリー」の意地悪先生役のジェーン・リンチ、シェルターの動物達を大絶賛!

シェルターにいる動物達の存在は、アメリカの芸能人の間でも普通に浸透しているように思います。ジェーンさん以外にもペットを譲渡している芸能人やシェルターでの啓蒙活動をされる方も本当に多いです。そういった芸能人の皆さんを私たち、視聴者も応援しているからでしょう。日本でもペット譲渡の促進をお勧めする芸能人さん達が増えて来たような気がしませんか?嬉しい事です!そういった方々がもっと出てきやすいよう、彼らを優しくサポートしていければ、もっtもっと良い方向に広がってゆくのではないかと思います。以下、ビデオの内容を訳してみました☆ 〜Big Tree for Animals

【日本語訳】

『ハーイ!私オリビアよ♬』そして私はジェーン・リンチ、ドラマ「グリー」で私の事をご存知かもしれませんね。でも私がシェルターの動物達が大好きな事はあまり知らなかったのではないでしょうか?オリビア(彼女の愛犬)は13歳。私は彼女が子犬のときからずーっと一緒です。オリビアをアドプト(譲渡)して以来、彼女は私の人生に非常に多くの喜びを与えてくれています。

現在私たちの助けを必要としている、何千匹もの本当に素晴らしい犬や猫達がアメリカのシェルターにいます。ドキュメンタリー「シェルター・ミー」はシェルターの動物達が我々の人生にどれだけの良い変化をもたらしてくれるかを示したお話をシリーズ化したものです。

今回のエピソードはシェルターの動物達がチャンスを与えられ、トレーニングを受け、人間の命を助ける仕事につくまでのお話です。そして革新的なプログラムによって、コミュニティーにおけるペットの不妊去勢を促進した様子や、シェルターにて猫を譲渡するカップルの過程を紹介しています。また、入院患者に心の安らぎを与えるべく、トレーニングされたシェルター出身の動物達を連れて病院に出向くボランティア活動の姿も追っています。

シェルターのペット達は本当に特別な「ブリード(犬種/猫種)」です。間違いなく最高の動物達です。ここにいるオリビアもね!どうか、地元のシェルターに出向き、出来るだけのサポートをしてあげて下さい。まだ見ぬあなたの「親友」はきっとシェルターの中にいるでしょう!

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m