【安全&ナチュラル】ペットとお家をノミから守る方法

夏はノミが増える季節。気候も良いので、ノミが沢山いる芝生や草むらなどへのアクセスも増えるかと思います。ノミは腺ペスト、発疹チフス、Cat Scratch Feverなどの病気や、皮膚炎や喘息の原因になったりするという事なので、きちんと管理しておきたい所ですね。

2009年に《米》環境保護庁が市販のスポットオンタイプ(皮膚に直接つける液状タイプ)のノミ駆除剤に関する勧告が発表されました。そのレポートにはこのタイプのノミ駆除剤により44,000匹にも及ぶペットに対し、皮膚かぶれ、てんかん発作そして死に至る(600件の死亡がこれまでにレポートされているという事です。)などの深刻な悪影響を及ぼしたという事です。シフェノトリン(合成ピレスロイド系殺虫剤)やペルメトリンという殺虫剤が含まれるこれらのスポットオンタイプの駆除剤は、猫や小さな犬に対して問題がある事が証明されたという事です。

それではノミを駆除するのに安全な方法は何なのでしょうか?

スポンサードリンク

掃除機をかける

掃除機を毎日かけることで、繭(まゆ、コクーン)状態のノミを取り除く事ができます。(この繭状態のノミにはどのような殺虫剤も効かないという事です。)スティームのついた掃除機はとても効果があるという事です。ソファーなどの家具へも掃除機をかけ、ノミやその卵などを全部吸い取り、掃除機の中にたまったゴミを外のゴミ箱に捨てて下さい。

日頃からペットの健康管理をする

安全で健康的な食事をあたえ、健康に気をつけておく事で、ノミの付着を防ぎます。

ニンニクパワー!

ニンニクを少し餌に入れて与える事でノミを駆除する事ができます。*ニンニクは量によっては犬には毒となりますので、与える量は犬の体重に比例します。自分のペットに与える量などは(ホリスティック系や普通の)獣医さんに確認して下さい。

予防が一番!

ノミを予防する事が一番大切です。身体を洗ってあげたり、グルーミングをしてあげて、常にボディチェックをしてあげて下さい。

自然派のノミ駆除

きついノミ駆除剤を使わなくても、自然にある物を使ってノミを避ける事もできます。シダーオイル、ローズマリーエッセンス、シトロネラなど他にも沢山あるという事です。

ナチュラルなペットのベット用ノミ駆除

ノミはユーカリプタスが嫌いだそうです。ですから、ユーカリプタスの入った袋をベッドに入れておくと効果抜群だそうです。

必要な物:

ユーカリプタスの茎(手のひら一杯くらい)、ガーゼなど通気性の良い小さな袋、袋の口先を閉めるヒモ。

作り方:

  1. ユーカリプタスの茎を2〜4センチくらいに切り、その束を通気性の良い小さな袋に入れてヒモで口先を閉めます。(小さな袋ではなく、布を使う場合は、ユーカリプタスを真ん中に置き、周りの布を1つに集めてその先をヒモで閉めます。)
  2. この袋をペットのベットの中(ペットが取り出せない場所=ベットカバーの中など)に入れておきます。

以上です〜☆この袋のお陰で、ペットをノミから守る事もできますし、とても良いにおいがすると思います。少なくとも一ヶ月に一度はユーカリプタスを新しい物に変えてあげて下さいね。

注意:アロマオイルやハーブなどの植物は、人間にとっては安全でも犬や猫にとって有害な物もありますので(例:猫にティーツリーは危険)、アロマオイルやハーブを使用する前に、ご自身でリサーチされる事を強くおすすめします。

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m