動物愛護法改正に意見10万件超!ペット業者さんの反対理由は・・・?

動物愛護法改正にパブリックからの意見が10万件を超えたそうですね。全てのいきものへの尊重が広がりつつある日本。これからが楽しみですね。日本の将来を変えるのは私たち大人はもちろん、それに続く若者や子供達です。子供達は何も言わなくても私たちの行動や言動をちゃんと見つめています。彼らはスポンジのように周りからの情報を吸収し、そしてそれは無意識のうちに彼らの価値観へと変わるのです。是非私たち大人が良くなる一歩を踏み出したいものです。 〜Big Tree for Animals

次の世代に命の尊さを伝えるには・・・

子犬や子猫を親から引き離す日数を8週間にすべきという声に関し、ペット業者さんの反対理由は

「子犬でなければ売れない」
「8週間も持っていると餌代など費用がかかる」

という事です。

これはペットの命の尊さなんて『ホントはどーだってよい』という事を世間に発表したと同じですね。それに対して私たち消費者は、「買わない」という行動で声をあげて行かなくてはなりません。子供さんへの命の大切さは、簡単に買わない/飼わないという事でも十分に知らせられます。なぜ飼わないのか、きちんと説明してあげられる大人になりたいと思います。

以下Yomiuri Onlineより

動物愛護法改正めぐり、意見10万件超が殺到
(2011年10月8日03時06分  読売新聞)

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m