全米でも2番目に大きな規模の家畜動物救助:動物愛護団体一致団結!

アメリカの産卵場が、50,000羽もの産卵用のニワトリさんを放棄。2週間もの間、餌も水も与えられず、三分の一が餓死、残った子達も瀕死の状態でした。全米でも2番目に大きな規模の家畜動物のレスキューとなった様子をまとめた動画です。アニマル・プレイスヒューメイン・ソサエティファーム・サンクチュアリー、その他の動物愛護団体さんや沢山のボランティアの皆さんが一致団結し、生き残ったニワトリさん達を保護されたそうです。感謝! 〜Big Tree for Animals

スポンサードリンク

動物屠殺カウンター
動物屠殺カウンター(日本語訳付けました)クリックすると拡大されます。

とても非人道的で、動物にも、環境にも、そして人間にも悪影響を及ぼすファクトリー・ファーミング(工場式畜産場)。牛やニワトリが幸せそうに広い牧場で餌を食べながらのんびりしているというイメージの影で、閉ざされた鉄の扉の向こうでは毎秒何万頭もの動物達が苦しみの中殺されています。(この「アニマル・キルカウンター(動物屠殺カウンター)」のサイトに行くと、ページを開いた瞬間から現在アメリカで殺されている動物達の数が表示され、みるみるうちにその数が増えてゆきます。)

アメリカやその他の世界でも非常に有名なテレビ局オーナー&慈善家であるオプラ・ウィンフリーさんが持つTV番組や雑誌「Oマガジン」などがファクトリー・ファーミングの実態をレポートしていました。以前と違って、少しずつですが、メジャーな所からもファクトリー・ファーミング反対への声が上がりつつあります。私の周りでも、理由は色々ですが、ビーガンや菜食を選ぶ人達も増えつつあります。確実に時代は変わって来ているな〜と感じてます。あ〜でも、この動画みて、助かったニワトリさんよかったなーって嬉しくなりました。今回亡くなってしまったニワトリさん達の命を無駄にしないよう、私たちも大切な地球を守っていきましょう♬

ビデオへのリンク:Second Largest Farm Animal Rescue in US History from Michelle Taylor on Vimeo.

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m また、当サイトの記事には全て免責情報とプライバシーポリシーが該当します。