アメリカの犬猫レスキュー勉強会の無料★動画講座

お久しぶりでーす。最後の投稿から、わー、すごい時間がたっちゃった(汗)

みなさま、お元気ですか?本日は、とっても興味深いお知らせです。

渡米以来、10年以上もの間アメリカのスラム街にてTNR活動や、犬猫のフォスターなど数え切れないほどのレスキュー活動をされているDearPawsさんは、日本に帰国するたびにその活動内容や体験談などを紹介する勉強会を行なわれてきました。

私も一度動画でその内容を見させていただいたのですが、彼女のお話は現実的でありながら、目を覆いたくなるような写真や耳を塞ぎたくなる悲しいお話ではなく、とてもバランスのとれた内容&スタイルで、非常に関心した記憶があります。

動物愛護活動って、(もちろん今は必要で、大切な活動ですが)動物を助けるという一面的な事ではなく、現在の社会問題を改善する上で、私たち一人一人がどうあるべきなのかを考えるきっかけやヒントが込められていると感じます。私もまだまだですが、動物愛護というキーワードがきっかけになり、たくさんの気づきを得られた一人です。

動物虐待は人間に愛情が足りてないから起こるもの──動物だけにではなく、人間にも愛情や理解を向けられるように(またその逆)一人一人が日々生活をする事で社会は変わってゆく、そう思います。

以前から、DearPawsさんの勉強会がもっと広がればいいのになーと思っていましたところ、なんと今回、無料でその勉強会と同じ内容のお話を動画にて限定公開される事にしたそうです。

追記2月16日
勉強会についてDearPawsさんがブログでオンライン講座の内容について記述されていますので、そちらもご覧ください!

動画を見たい方は、DearPawsさんのサイト、Dear-Paws.comのオンライン講座申し込みフォームにて登録してください。

DearPaws

dear paws

2006年渡米。現地のアニマルレスキューに触れ、地元のアニマルレスキューグループとシェルター(保健所)でボランティアワークを始める。以後、複数のレスキュー団体にて収容動物の保護やしつけ直しのほか、犯罪多発地帯での地域猫活動や動物レスキューを通じて地域活性化運動に取り組む。自宅でパピーミルや闘犬、動物虐待などから救出された犬や猫の心身のリフレッシュを独自のプログラムで行う。「生体は自然に良くなる力がある」としつけやリーダーシップ論にとらわれず、動物のボディランゲージやエネルギーを読みながら、動物たち個々の性格やペースにあわせたメソッドで、2013年に電子書籍化された。続きを読む

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m