Photos by @roofusandkilo on Instagram

一枚の写真から始まったレスキュー犬&フォスター一家の記録

生後3日目のピットブルの兄妹

▼バックヤードブリーダーの所で死にそうになっていた生後3日のピットブルの3兄妹。1匹は既に亡くなっていたそうです。2時間車を運転してこの兄妹を引き取ったroofusandkiloさん。残念なことに帰宅中に2匹中の一匹の子犬(下写真右)も亡くなってしまいます。

スポンサードリンク

A photo posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

▼最後の一匹となったピップルの子犬。「ペニー」と名付けられました。一生懸命ミルクを飲んでいます。バックヤードブリーダーの所にいた母犬はまだ若く、子犬を育てることができなかったそうです。(ビデオ)

A video posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

生後6日目のペニー

▼悲しい現実はともかく、ペニーは一生懸命生きようとしていました。この家に来て2、3日経つと体調も落ち着き、食欲も旺盛。夜5回ものミルクの時間。フォスターさんの献身的なお世話のおかげで、元気に育っています。

A photo posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

ペニーの新しい家族

▼roofusandkiloさんの所には既に5匹の犬たちがいました。そのうちの三匹は同じピットブル。みなレスキュー出身です。そのほかにもチョコレートラブのシニア犬とポメラニアン系のワンちゃんもいます。

A photo posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

▼ペニーはこの家のみんなに愛されて、すくすくと育っていきます。

A photo posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

▼生後11日目のペニーに優しく寄り添うお兄ちゃん犬(ビデオ)

A video posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

▼お母さんに「こちょこちょ」されるペニー(笑)(ビデオ)

A video posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

ペニーの目が開いた♫

▼あまりの可愛さにお母さんもメロメロの様子です♫

A photo posted by Candice (@roofusandkilo) on

 
▼お母さんにちょっかいをかけられ、文句を言うペニー。すっかり元気になったね!(ビデオ)

A video posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

▼お兄ちゃんのキロに興味深々(ビデオ)

A video posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

▼周りの犬や人間の家族に愛され、どんどん大きくなるペニー。お肉ぷるんぷるん!(ビデオ)

A video posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

▼生後28日目のペニー。

A photo posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

▼食欲旺盛なペニー(笑)(以下3つビデオ)

A video posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

A video posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

A video posted by Candice (@roofusandkilo) on

 
▼初めてのお風呂(ビデオ)

A video posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

▼そして、どんどん大きくなるペニー(ビデオ)

A video posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

現在のペニー

▼約10か月後現在のペニーとお母さん 一緒に生まれた兄妹たちはペニー以外すべて天国に行ってしまったけれど、かわりに側にいてくれた人間や犬たちのおかげで、きちんとした「社会化」を体験し成長したペニー。心身ともに健康な犬に成長しました。

A photo posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

roofusandkiloさんは、ペニーの後にも、フォスターとしてレスキューされた子犬や犬を家に迎え入れています。

A photo posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

A photo posted by Candice (@roofusandkilo) on

 
▼成長したペニー(写真右)もフォスターの子犬の社会化のお手伝い♫

A photo posted by Candice (@roofusandkilo) on

 
▼一番最近のフォスターの子犬ちゃん(ビデオ)

A video posted by Candice (@roofusandkilo) on

 

フォスター(一時預かり)のボランティア

フォスター(一時預かり)のボランティア活動は、レスキューされた犬達が、新しい家族を見つけるまで、傷ついた心や体を休め、ルーティーンな生活、必要であればトイレのしつけや社会化(犬や猫が人間社会の中でうまく暮らせるようにコミュニケーション能力や社会適応能力を養う時期)などのスキルを身につけるとても大切なシステムの一つとなっています。

 

ペニーを産んだお母さん犬も新しい飼い主さんの元へ!

▼一番最近の写真はペニーを生んだお母さん犬のお話。彼女もバックヤードブリーダーの元から無事レスキューされ、やっと最近新しい家族と暮らせることになったそうです。ペニーと同じ目をしているね。幸せになってね!

A photo posted by Candice (@roofusandkilo) on

ペニー成長の記録ビデオ


Roofus and Kilo

犬の社会化&フォスターに関する記事

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m