2014年8月3日追記★アメリカでもスタート【やるね!】イケア(@シンガポール)、アニマルシェルターとタッグを組み、店内にてカードボードに印刷された譲渡希望の犬を展示!

シンガポールにあるイケアがアニマルシェルターと組み、何ともクリエイティブで粋なキャンペーンを開始しています。こうして動物を購入するのではなく、譲渡して来る事が普通になってくれると嬉しいです♬ナイスジョブ!【追記2014年8月3日あり】〜Big Tree for Animals

イケア店内にある各ショールームには実物大の里親さん募集中の犬達のカーボードの切り抜きが飾ってあります。彼らの首にはQRコードが付けられてあり、そこからスマートフォンにて、その犬のプロフィールやビデオなどで、その犬についての詳しい情報を得る事ができるそうです。

スポンサードリンク

このキャンペーンは、シンガポールでも増え続けるホームレスアニマルの厳しい現状や、ペットをシェルターから譲渡する事を少しでも知ってもらおうという目的でお行われ、提携しているアニマルシェルター”Home for Hope“にて保護されている犬達の里親探しに協力しています。

イケアのこのキャンペーンへの協力がきっかけとなり、今ではその他の家具の有名ブランド会社も、スポンサーとして参加しているという事です。

【追記★米国アリゾナ州フェニックスのイケア店でも!】
この素敵なキャンペーンを米国アリゾナ州にあるフェニックス店でもはじめたそうです。こちらで展示される動物達はアリゾナ・ヒューメイン・ソサエティの動物達。ホームレス動物達の存在を沢山の人に知ってもらえるよう、アメリカや日本のイケアでも沢山広がるといいですね。

home-for-hope-dog-adoption-728x399
Photo: Dashburst

home-for-hope-dog-in-kitchen-728x400
Photo: Dashburst

home-for-hope-dog-on-chair-728x398
Photo: Dashburst

home-for-hope-dog-on-sofa-728x399
Photo: Dashburst

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m

【フィリピン発】9歳の少年によって作られたアニマルシェルター「ハッピー アニマルズ クラブ」をサポートしようよ!

フィリピンの南部に住む9歳の少年ケン君。物心ついた頃からいつか動物の保護センターを作りたいと思っていたそうです。2014年2月にこの少年が野良犬達にエサをあげる写真がインターネットで広がると、彼の心優しい行動に、世界中の … 続きを読む

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m

米国メリーランド州&神奈川県の姉妹都市協定に動物福祉支援委員会設立

姉妹都市である米国メリーランド州と神奈川県の姉妹都市協定に動物福祉支援委員会が設立されたという事です!なんだかますます将来が楽しみになってきました。神奈川県民の皆さまをはじめ、興味のある方は是非応援&広げて行ってほしいな … 続きを読む

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m

米人気番組「glee/グリー」の意地悪先生役のジェーン・リンチ、シェルターの動物達を大絶賛!

シェルターにいる動物達の存在は、アメリカの芸能人の間でも普通に浸透しているように思います。ジェーンさん以外にもペットを譲渡している芸能人やシェルターでの啓蒙活動をされる方も本当に多いです。そういった芸能人の皆さんを私たち、視聴者も応援しているからでしょう。日本でもペット譲渡の促進をお勧めする芸能人さん達が増えて来たような気がしませんか?嬉しい事です!そういった方々がもっと出てきやすいよう、彼らを優しくサポートしていければ、もっtもっと良い方向に広がってゆくのではないかと思います。以下、ビデオの内容を訳してみました☆ 〜Big Tree for Animals

【日本語訳】

『ハーイ!私オリビアよ♬』そして私はジェーン・リンチ、ドラマ「グリー」で私の事をご存知かもしれませんね。でも私がシェルターの動物達が大好きな事はあまり知らなかったのではないでしょうか?オリビア(彼女の愛犬)は13歳。私は彼女が子犬のときからずーっと一緒です。オリビアをアドプト(譲渡)して以来、彼女は私の人生に非常に多くの喜びを与えてくれています。

現在私たちの助けを必要としている、何千匹もの本当に素晴らしい犬や猫達がアメリカのシェルターにいます。ドキュメンタリー「シェルター・ミー」はシェルターの動物達が我々の人生にどれだけの良い変化をもたらしてくれるかを示したお話をシリーズ化したものです。

今回のエピソードはシェルターの動物達がチャンスを与えられ、トレーニングを受け、人間の命を助ける仕事につくまでのお話です。そして革新的なプログラムによって、コミュニティーにおけるペットの不妊去勢を促進した様子や、シェルターにて猫を譲渡するカップルの過程を紹介しています。また、入院患者に心の安らぎを与えるべく、トレーニングされたシェルター出身の動物達を連れて病院に出向くボランティア活動の姿も追っています。

シェルターのペット達は本当に特別な「ブリード(犬種/猫種)」です。間違いなく最高の動物達です。ここにいるオリビアもね!どうか、地元のシェルターに出向き、出来るだけのサポートをしてあげて下さい。まだ見ぬあなたの「親友」はきっとシェルターの中にいるでしょう!

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m

動物ってすごいなぁーと思った日。ドキュメンタリー「シェルター・ミー」を観て

戦争から帰って来たアメリカ兵──何十人もの人を殺したり、どこに隠されているか分らない爆発物に緊張の連続。

戦争から生きて帰ってこられても、PTST(心的外傷後ストレス症候群)などで、抑えきれない怒り、深い悲しみ、鬱など様々な症状と戦う事になる。

2010年のデータによると、戦場で亡くなる兵士よりも、戦争から帰って来た後、自死によって亡くなる兵士の数の方が多い事が分っているらしい(しかも2年連続)。

▲サービス・ドッグ
▲サービス・ドッグ

話は少し変わるが、アメリカにはシェルターや保健所から引き出された犬達を、刑務所にいる受刑者の所に連れて行き、障害を持った人達のサポートをする ”サービスドッグ” の訓練をする団体がいる。

受刑者達はそのプログラムで、”サービスドッグ” を養成する為のトレーニング方法を学びながら、犬という命を預かる重みを経験し、愛する事を知り、愛される事を学ぶ──受刑者達もまた、保健所やシェルターの犬達と同じように、大人にほったらかしにされ、愛を知らずに育ったり、虐待を受けた経験がある場合が多いからだ。

私自身が犬達から学んだのは、様々な状況で相手を慈しむ心──。一言 ”受刑者” で片付けてしまわずに、それぞれ一人一人に心を向けると、彼らの色んな過去が見えてくる。それが犯した犯罪の言い訳になるとは言わないが、単に ”受刑者だから”、 ”犯罪人だから” といって、彼らを心の中で裁き、1つの箱に入れてしまうのではなく、もう少し思いやりの気持ちで見ようと思えてくる。その思いやりの気持ちは受刑者だけではなく、自分の嫌いな人、恨んでいた人、間違った事をしていると思える人などにも値する。まだ “許す” 事ができなくても、「もう一度思い直してみよう」と、少なくともそういう自覚が生まれてくる。

inmate-service-dog_convert_20130720140541
▲受刑者と担当しているサービス・ドッグ訓練犬

受刑者からトレーニングを受け、彼らに可愛がられる犬達を見ていると、その場面に言葉では説明できない純粋無垢な何かを感じ、涙が出てくる。まさに犬に姿を変えた神様に出会ったような感動なのかもしれない。あとは単純に、「刑務所でのサービスドッグ・トレーニング・プログラムはなんて合理的なんだ!」と軽い感動を覚える──関わった全ての人や犬が恩恵を受けるからだ。

スポンサードリンク

刑務所で担当の受刑者(トレーナー)と24時間一緒に過ごす犬達は、そこで4ヶ月〜6ヶ月訓練を受けた後、受刑者達に見送られ、新しい飼い主の元へ旅立つ。

無期懲役で刑務所に入っている受刑者は「私はこのプログラムと犬達のお陰で救われている。」という。

刑期を終えて社会に復帰する人達は、出所後、プロのドッグトレーナーとしての「キャリア」を手に入れる事ができる。「サービスドッグ・トレーニング」のプログラムに所属していた元受刑者達が、出所後再び犯罪を犯し刑務所に戻って来る確立はゼロに近いという。つまり、プログラムに関わる人や犬達だけではなく、社会で暮らす私たちもその恩恵を受ける事になる。

こうしたプログラムの下でサービスドッグとなった犬達の行き先の1つは、先ほど話した元アメリカ兵達だ。

戦争で人を殺した自分を責める元兵士。また、戦場という地獄の中で、人として当たり前にある「感情」を表に出す事を許されずに過ごしたストレスからか、日常の生活で怒りを抑えられなくなったり、何かの音によってパニック障害を起こしたり、ぞっとする様な戦場での体験が何度も何度も頭の中をグルグル回り続ける状態が続くという。

サービスドッグは、そういった元兵士の存在にも光をともす。

▲PTST(心的外傷後ストレス症候群)と戦う元兵士と彼を癒すサービス犬
▲PTST(心的外傷後ストレス症候群)と戦う元兵士と彼を癒すサービス犬

側にいてくれるだけで自分の存在が許される気がしたり、そのままの自分を受け入れてくれる気がするのか?その答えは元兵士本人にしか分らないだろう──多くの兵士は「この犬が僕(私)の所にこなかったら、今頃僕は(私は)生きてはいなかったと思う。」と言う。

そういって涙をこらえる彼らの側には、シェルターや保健所に入れられていたサービスドッグ達がいる──。

シェルターの犬達のドキュメンタリー「シェルター・ミー」

戦争は奪うだけで得られるものは何もない。これが戦争をするという結果だ。

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m