ペットフードについて考えよう☆ペットの病気、アレルギー、肥満どこからくるの?

無限に存在するペットの病気の原因の80%は食べている食事(ペットフード)が関係していると思われます。バーバラ・ロイヤル D.M.V(統合獣医師、米国シカゴ在住、アメリカン・ホリスティック獣医学基金(AHVM Founda … 続きを読む

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m

購入できる中で最高のペットフード、ベスト3!

沢山の素晴らしいアドバイスを無料配信している米国の獣医師カレン・ベッカー先生の記事をまたまた訳してみました。ベッカー先生は、ホリスティックと現代獣医学の両方からバランスのとれた情報を配信、病気になった後ではなく、なる前の予防に力と情熱を注がれる獣医さんです。ベッカー先生はペットの為に一番良いのは家で生肉フードを手作りする事だと日々おっしゃりますが、今回は、それが不可能な方々の為に市販で購入できるペットフードで安全で健康的な選択をする為のヒントを説明してくださっています。知識はパワー!色々な情報を学び、各家庭で参考になさってください☆ 〜Big Tree for Animals

スポンサードリンク

上のビデオ(*訳者注:ビデオの内容は英語です)はウィスコンシン州のマディソンにある「Bad Dog Frida」というペットショップにて、ベッカー先生が市販で売られている質の良いペットフードについてのガイドツアーをしている様子です。

カレン・ベッカー獣医師:

以前に私が「最良から破滅的な13のペットフード」を書いて以来、私が考える「クオリティーの高いペットフード」とはどんなものなのか、その詳細を教えて欲しいというリクエストを皆さんより頂きました。

「私のペットの為に買う事ができるベストなフードって?」と聞かれた時、私は「このフードが一番ベストだという物はないのです。」と答えます。様々な種類のフードを犬や猫に与え、そしてそれらが生物学的にも適切であればある程、ペットの一生の中で必要な栄養を上手に摂取していく事ができるという事です。

現在市販されている色々なタイプの「質の高いペットフード」を紹介する為に、ウィスコンシン州のマディソンにある高級ペットブティック(ペットショップ)「Bad Dog Frida」を訪れました。このお店のオーナーさんが皆さんに質の良いペットフードを選ぶ方法を学んでもらう為に、親切にもお店を使わせてくれました。

1番目のオプション:生肉フードのある冷凍庫セクションをチェック!

市販で販売されているフードで皆さんの犬や猫に一番良い物は、小さめのペットショップやブティクの冷凍庫セクションにあります。なぜ小さなお店なのかというと、生肉フードを販売するにはそれなりの知識を要するからです。

ペットコやペットスマート(*訳者注:全米の大手チェーンペットショップです)のような大手のペットショップにも冷凍庫や冷蔵庫に入ったフードがあるかもしれませんが、お店のスタッフは生肉フードを与える際の詳しいノウハウを知らない事が多いのです。小さなお店など専門店の場合、生肉フードを販売している確立も高まる事に加え、皆さんが皆さんの愛犬・愛猫の為に一番よいフードの選択をする際に必要な経験をもって手助けをしてくれる事が多いのです。

現在市販で販売されている生肉フードには、色々なブランド、味そしてたんぱく質の物があります。どのようなタイプの生肉フードを選ぶのかは皆さんの犬や猫が何を食べるかによります。例えば、もし皆さんがあなたの猫をドライフードから生肉食に移行しようとしている場合、まず最初にドライから缶フードに移ります。そして次にチキンベースの生肉フードに切り替えて行きます。それは今までその猫が食べていたチキンベースのドライフードに近いという理由からです。

生肉フードのパッケージの裏に表示されている中で一番最初に確認したいのは、そのフードがAAFCO(アメリカ飼料検査官協会)に準拠しているという点です。(*訳者注:日本の場合、ペットフード公正取引協議会による表示基準はあるとの事ですが、それ以外に法的な基準表記義務はないという事です。詳しくは私がグーグル検索で見つけた「AAFCOと日本のペットフード」に書かれてある内容をご覧になるか、ご自身でグーグルなどで検索してみて下さい。)この意味はアメリカ飼料検査官協会によって、(猫や犬の)全てのライフステージにおいて、栄養的にバランスのとれたフードであると認可されたという事です。

また、私がお勧めするのは、生肉フードはアメリカ産であるという事です。その次に確認するのは、保証された分析の表示です。特に脂肪分の内容をチェックして下さい。生肉フードは脂肪分がとても低かったり、反対にとても高かったりします。もしもあなたが健康ではあるけれど、痩せているボクサーやポインターを飼っているのならば、脂肪分が高めの生肉食があっています。もしもあなたのペットが太っている場合や膵(臓)炎(pancreatitis)などのメディカルコンディションがある場合には、脂肪分の低めの生肉食を選ぶ方が良いでしょう。

2番目に良いオプション:クオリティが最高の缶のフード

もし皆さんが生物学的に一番よい生肉フードを与える事ができない、または与えたくないと思う場合、次に良いのが缶に入ったフードです。

生肉のフードには大体70%の水分が含まれています。そして肉も自然な状態(訳者注:加工されていない)です。缶に入ったフードも70-80%の水分を含んでいます。肉自体は加工されて(加熱されて)いますが、ドライフードに比べるとまだ健康的な選択です。

缶フードに表示されているラベルを見た際に確認したい事は、たんぱく質源が材料の一番最初に表示されている事です。そしてもし穀物が入っているフードの場合は全粒穀物である事が大切です。私は特に健康である犬や猫に炭水化物を与える事を支持していません。もしも皆さんの猫が腎臓に問題を抱えている場合や肝不全の犬を飼っている場合、たんぱく質の埋め合わせとして少しの穀物を与える必要があるかもしれません。

腎臓や肝臓不全のペット達は缶フードのたんぱく質を効果的に処理する事ができません。今回のこの記事は健康なペットの場合についてお話したいと思います。彼らは充分な量のたんぱく質と、(もし必要な場合は)少量の炭水化物が必要です。ですから、缶フードのラベルにはお肉が一番最初か2番目に表記されていて、その次に健康なソースからきた野菜や果物が書かれていて欲しいのです。材料表記の順番はとても大切だという事を覚えておいて下さいね。(ビデオの中で)私が今手に持っている缶フードの材料ラベルは以下の通りです:

  • 骨無し、皮なし、チキンの白身肉
  • 消化に必要な水分(これは缶フードの場合いつも材料表記の最初の方に出てきます)
  • サーモン(鮭)
  • カボチャ
  • トマト
  • グリーンピー
  • スイートポテト
  • ヒマワリ(種子)油

野菜丸ごとをお肉とミックスした製法が生物学的に最適な物を作ります。これは分割されたたんぱく質、未確認(*訳者注:何のお肉か、お肉のどの部分か)のたんぱく質、全粒ではない穀物、または野菜や果物の一部分などが入ったフードよりももっと、もっと良い選択となります。

缶フードの材料ラベル上で見たいのは、ホールフーズ(加工されていない食べ物)です。ここでお見せした(*訳者注:ビデオ内)缶フードには「穀物は入っていない素晴らしさ。人間消費用の材料を使って作られました。」と書かれています。これはこのフードには穀物は入っておらず(*訳者注:生物学的に犬や猫には必要ないから)、この缶フード自体は人間消費用として認可されていませんが、使われている材料は人間消費用だという意味です。缶フードに表示されていて欲しいのはそこです。

その他の良いオプション:乾燥された生食フード

もし生肉フードまたは缶フードを与える事ができない、または与えたくない場合の選択として乾燥された生食フードがあります。

乾燥とは水分を抜いたという意味ですが、ここに水分を加えるという事です。水分を加える事によって70%の水分を含む(もっと水分を増やしたければ増やしてもかまいません。)生物学的に最適なフードになる訳です。乾燥生食とは、フードの栄養素が壊されない程低い温度で加工してあるという意味です。乾燥フードは本当の意味で「生」であるという事ではありません。

「生」の食べ物を室温で置いておくと腐ってしまいますが、乾燥生食フードはそうなりません。乾燥生食フードはドライフードから生肉フードに移行する際の間に使ったり、生肉のフードや缶フードを与えたくない場合に良いでしょう。

また私がこの手のフードが好きな理由は消化しやすいという事と、ターキー、ビーフ、チキンや魚など、さまざまなたんぱく質の中から選べる事です。この乾燥フード(パウダー式)の中に水を加えるとおかゆのような固さになります。これは胃が弱い動物や胃腸の手術後の動物などにとても良い選択です。また穀物フリー(穀物の含まれない)食事を与えたいけれど、生肉フードを与えるのを躊躇する飼い主さんにもおすすめします。

また、胃腸や膵(臓)炎などの問題を持つペットが食べていた刺激のすくない食事から移行する際にもおすすめしています。私が発行しているニュースレターの読者の方はよくご存知かと思いますが、私はペットにさまざまな種類のフードを与える事をとても推奨しています。ペットに生肉フード、缶フード、乾燥生食フードなどを日によって変えて与える事はとても素晴らしいアイデアだと思います。

皆さんが選ぶフードがAAFCOによって認可された犬や猫の全てのライフステージにおいて栄養的に完全なフードである事は必ず確認して下さいね。犬や猫に与えるフードの袋、箱または缶の材料ラベルをしっかりと確認する事を忘れないで下さい。今私の手にある乾燥生食フード(ビデオ内で)の材料は以下の通りです(*訳者注:表示されている順番通り):

  • 乾燥されたターキー(七面鳥)
  • オーガニックのフレックスシードオイル(亜麻仁油)
  • ポテト
  • セロリ
  • ほうれん草
  • 人参
  • オーガニックココナッツ
  • リンゴ
  • オーガニックケルプ
  • バナナ

ここに表示されているのは全てとても良い自然な生の食べ物です。加工されたタイプのフードの材料としては最高の内容です。このフードブランドはAAFCOによって認可されていますので、全てのライフステージにおいて栄養のバランスがとれている安全なフードだという事です。またこのフードはアメリカ産です。

リストの最後:ドライフード

多くの飼い主さん達は「ドライフードは犬や猫の歯を綺麗にする」という間違った説を信じています。ドライでカリカリするドッグフードの粒はグラノーラやクラッカーがあなたの歯を綺麗にしないと同じように、ペットの歯を綺麗にする事もないのです。 〜カレン・ベッカー獣医師

今迄にお話した内容のおさらいをしましょう。生肉食フードが皆さんのペットにとって生物学的にも一番適切なオプションです。次にクオリティの高い缶フードまたは乾燥式の生食フード。この両方は水分が沢山含まれていて穀物フリーの物を選んで下さいね。一番最後のリストはドライフードという事になります。今日お邪魔しているペットブティック「Bad Dog Frida」さんやその他、ペットの栄養に対して情熱をもって営業しているペットフードの専門店では、ドライフードも含めて、生物学的にあったフードが販売されています。

しかしドライフードは、その水分不足から、私のリストの中で一番下にランクされます。平均でドライフードには12%の水分しか含まれていません。70-80%の水分を含む生肉食、缶そして水分を追加した乾燥式生食フードに比べるとかなり劣る訳です。長い間ドライフードを与えられてきた多くの犬や猫達は、内臓、特に腎臓に著しいストレスを感じでいます。

多くの飼い主さん達は「ドライフードは犬や猫の歯を綺麗にする」という間違った説を信じています。ドライでカリカリするドッグフードの粒はグラノーラやクラッカーがあなたの歯を綺麗にしないと同じように、ペットの歯を綺麗にする事もないのです。生の骨を噛んでいたり、歯磨きをしたりするなど、歯を綺麗にするには「削る」ような行動が必要になります。

ドライフードにはせん断や研削のようなアクションを必要としませんし、ほとんどのドライフードは炭水化物がベースになっています。ペットにとって穀物は栄養的に必要がありません。そしてこれらの穀物は歯のプラークと歯石の原因ともなります。ペットブティック「Bad Dog Frida」さんでは、炭水化物があまり含まれていないものや穀物フリーなど、沢山の種類のフードが売られています。

覚えていて欲しいのは、ドライフードには何かしらのでんぷん質が含まれています。ドライフードの粒を繋ぐ為にグルーテン、タピオカ粉、ポテト粉または豆粉などのでんぷん質が入っているのです。ですから、もしもドライフードが完全穀物フリーだとしても、粒をまとめる為に使われる炭水化物は含まれているという事は覚えておいて下さい。ここで私が持っている(ビデオ内で)ドライフードの材料は以下の通りです:

  • サーモン粉(肉の粉とは水分が抜かれた物です。サーモン粉とはサーモンを乾燥し水分を飛ばし、粉砕されているという意味です。)
  • ニシン粉
  • ジャガイモ(ラセットポテト)
  • 骨を取ったコクチマス
  • スイートポテト
  • エンドウ豆
  • サーモン油

最初の6つの材料は魚とポテト、ホールフーズ(加工されていない)です。全ての魚はそのままの姿、そしてスイートポテトとエンドウ豆もそのままの姿で使われています。これらはドライフードの中で最良の状況です。

この続きは来週にお届けします。スーパーや他のペットショップで購入して来たフードを質の良いフードと比べてみました。その様子をお届けしたいと思います。

オリジナル(英語)Original Post: The 3 BEST Pet Foods You Can Buy
Posted on healthypets.mercola.com by Dr. Becker on May 10, 2011
イラストレーション(Illustration):http://www.wanpug.com
*この記事は米国の獣医師Dr.カレン・ベッカーの書かれた英文記事をBig Tree for Animalsが日本語に翻訳したものです。当サイト、Big Tree for Animalsは、Dr.カレン・ベッカー及びmercola.comとの提携関係は一切ありません。また、私(Big Tree for Animals管理人)は獣医師または栄養士ではありませんし、その知識があるわけでもありません。訳には最新の注意を込めておりますが、100%ではないかもしれません。ですから、この翻訳の最終的な意味はオリジナルである英語バージョンを参照して下さい。尚この翻訳記事の転載は著作権が絡んできますので、お断りさせて頂いてます。この記事への直接リンク掲載は構いません。 This article “The 3 BEST Pet Foods You Can Buy” was published by Dr. Karen Becker on May 10, 2011. Big Tree for Animals translated this article in Japanese in order to share her knowledge with Japanese pet owners. Big Tree for Animals do not own any copyright for this article nor claim that we have one. All rights of this original article goes back to to http://healthypets.mercola.com and/or http://www.mercola.com/.

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m

市販ペットフードに絶対に入っているべきではない材料とは?

以前掲載した、米国の獣医師カレン・ベッカー先生の記事「最良から破滅的な13のペットフード」の続編とも言える内容の記事を訳してみました。ベッカー先生は、ホリスティックと現代獣医学の両方からバランスのとれた情報を提供してくだ … 続きを読む

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m

最良から破滅的な13のペットフード 

アメリカではまた大規模なペットフードリコールが繰り返されています。残念ながら、日本も安心している場合ではないかも・・・と思っています。食は薬なりといいますが、獣医さんで薬をもらうような状態になる前に、普段からきちんとした食べ物をあげていれば、病気になり、高い治療費を払う事も少なくなるのではないでしょうか?ホリスティックと現代獣医学の両サイドからいつもバランスのとれた見解を分りやすく説明してくださるアメリカの獣医師、カレン・ベッカー先生は、犬や猫の栄養学にもとても詳しいようで、彼女のサイトでいつもとても勉強になるビデオを発信しておられます。今回、そのサイトに許可を頂いて訳してみました。これでないといけない!という感じではなく、新しい知識として勉強するつもりで読んで頂ければと思います☆*私は獣医ではありませんし、その知識があるわけでもありません。訳には最新の注意を込めておりますが、100%ではないかもしれません。ですから、この翻訳の最終的な意味はオリジナルである英語バージョンを参照して下さい。 – Big Tree for Animals

ベスト(最高)とワースト(最悪)なフード

皆さんこんにちは、Dr. カレン・ベッカーです。今日は皆さんの強い要望にお答えして「愛犬や愛猫にとってベストとワーストなフードについてのお話です。普段私が講義を行う時に「ベストからワーストフード」という13個のリストを紹介しています。そして興味深い事に、皆さんが自分のペットに与えている食べ物はほぼ、この13個のカテゴリーに当てはまるのです。たとえ自分がどの位置にあっても、どうか自分の事を責めたりしないという事を覚えておいてくださいね。基本的に皆さん以下のような感じかと思われます。

スポンサードリンク

  1. 自分のペットに与えているフードは本当はできれば自分のペットにあげたくないレベルのものなのだけど、経済的な理由から今は違うフードをあげる事ができない。
  2. または、フードの事に関してあまり知識がない。

もし皆さんが以下にあげるリストの下半分にあげられているフード、またはクオリティの低いフードを使っている場合も、自分を責めないであげて下さい。この記事の目的は皆さんに正しい知識を学んでもらい、金銭的に許す限り、出来るだけ良いクオリティーのフードが与えられるような状況に近づいてもらうという事なんです。

さて、これから皆さんに現在の自分が、このリストの中のどの部分にいるか確認してもらいます。そして最終的な目標は、これから少しでも良いフードをあげられるように努力をする事。「良いフード」というのは、生物学的に適切で、栄養価の高い食べ物という事です。

ペットの食事について知るべき事

予防する事に重点を置く獣医師として、私が常に飼い主さん達におすすめする事は、ペットの食事を再確認する事です。なぜなら食事は健康の基本になるからです。しかし皆さんが自分のペットの食事についての再確認をする際に、必ず覚えていてほしい2つの大切な基準があります。それは、食べ物は身体を癒す事もできるし、傷つける事もできるという事です。ペットに与える食べ物によっては、この2つの事(癒す又は傷つける)が起こりうるのです。

ペットには生物学的に最適なフードを

まず最初に確認をするべき事は、犬や猫という生物の種類にあった食事であるかどうかです。この場合、犬も猫も肉食動物としてたんぱく質が高く、水分が多く含まれた食べ物が最適な食べ物となります。

この「水分」は、犬や猫にとって非常に大切な要素です。水分を与えない事は多くの生物学的な問題を発生させる事になります(特に猫)。この水分の不足は腎臓病を含む臓器の機能障害を引き起こしてしまいます。なぜなら犬や猫は全体の70%が水分のフードを食べるように作られているからです。つまり(犬や猫が食べる)ネズミやウサギには、それだけの水分が含まれているという事です。もし犬や猫にドライフードしか与えていない場合の水分は、たったの12%。その場合、その犬や猫は慢性的な軽い脱水状態のまま生きる事になり、それが内臓への負担をかけるのです。ですから、犬や猫にとって、生物学的に最適な食べ物は、たんぱく質が高く、水分を豊富に含み、でんぷんの低い食べ物となります。「でんぷん」とは「穀物」や「炭水化物」の事も含まれます。ですから、コーン(トウモロコシ)、小麦、お米や豆などはみな炭水化物であり、犬や猫の食事には生物学的に必要のない食べ物となります。

バランスのとれたペットフード

自分のペットに何をどのようにして与えればいいのかを考える時に大切な2つめのポイントは、「バランスのとれた食事」であるという事です。私が言う「バランス」という意味は、「ペットに必要なビタミン、ミネラルや栄養価が入っています。」という表示だけではありません。私が言う「バランス」という意味は、そのフードには必要なビタミン、ミネラルそして栄養価が含まれている事をきちんとテストによって証明され、保証されたフードの事です。

もしあなたが「そうじゃないかな〜?」と推測する場合は、その食べ物はきちんと「バランス」の取れたものではない可能性が高いかもしれません。人間と比べ、犬や猫の栄養失調の身体への影響はとても早くに現われます。ですから、どんどん成長する子犬や子猫の時期に栄養不足になると、内臓の衰退や、骨格の問題等が2ヶ月から6ヶ月の間に現われます。成犬や猫の場合は2年から3年の間に、命に関わる内臓の衰退に見舞われてしまいます。ですから、バランスのとれた食事を与える事はとても大切なのです。

ベストからワーストのフードリスト

さあ、それではリストの発表です。まずリストの1番目、あなたの犬や猫の為に選ぶ最高の食べ物は、手作りでバランスの取れた生食です。バランスがとれたというのは、栄養的に完全であるという事です。完全であると確信できる理由は、あたなが栄養的にバランスが取れていると証明されたレシピ本にそって作ったフードであるという事です。(そのようなレシピはMercolaHealthyPets.comにて購入する事もできます。)

生食とは、混じり物のないまたは、加工されていないという意味です。与える生食には純粋なビタミン、ミネラルや栄養素が含まれている事が重要です。食べ物を加工する事によって、生きた酵素や栄養は破壊されてしまい、ペットに必要な栄養価値のない食事になってしまいます。

手作り食はあなたのペットにとって最高の食事の1つです。なぜなら、材料を自分で選択し、クオリティの高いものを与える事が可能だからです。もう1つ私がおすすめするのは、食事にバラエティを加えるという事です。手作り食ならば、その季節にあった果物、スーパーで少し安く売られている色々な種類の肉などを選び、その時々で色々な組み合わせのバラエティに跳んだ食事を作ってあげれる事も大きな利点です。

2番目にベストなフードは、お店で売っている犬猫用の生食のフードです。さて、お店で売っている生食というのは、もちろん誰かがあなたのかわりに用意してくれた食事の事ですが、もちろんバランスが取れているかというのはとても大切です。現在販売されている生食は沢山がりますが、その中には完全にバランスのとれた栄養を含む生食だと「証明」されていないフードもあります。

生食フードは、少し高級なペットブティック(ショップ)にある冷凍庫に入っている事が多いかもしれません。残念な事に、通常のペットショップには、生食を販売している所はまだあまりありませんが、インターネットやペット・ブディックにて購入可能です。生食フードの包装に「このペットフードは、全てのライフ・ステージに必要な栄養価値が含まれている事を証明されています。」とはっきり表記されているはずです。そう表記されているフードを選ぶのはとても大切な事です。

3番目にベストなフードは、手作りのでバランスのとれた加熱されたフードです。このフードは1番目にあげたフードと全く同じですが、ここでは加熱された食べ物を使います。という事は、栄養組織が加工された事により少し減少した食事、という事になります。

4番目にベストなフードは、ヒューマングレード(人間も食べれる)缶のフードです。もし、缶に表示されている材料は「ヒューマングレード」だと表示されていない場合は、ヒューマングレードではないという事です。ですから、ヒューマングレードのフードはそうして表示されている事、そしてそれはフードの値段にも現われます。このフードは一番値段の高い選択となります。私がよく自分のクライアントにお話するのは、「お金があって、時間がない場合は、ヒューマングレードの缶詰フードを買ってあげて下さい。」という事です。もしも、時間はあるけれど、お金はそんなにない場合、ほとんどの飼い主さんは家でバランスのとれた手作り食を作っています。その方がかなり安上がりだからです。

5番目にベストなフードは、ヒューマングレードのドライフードです。なぜドライフードが5番目に来るのかという所に注目して下さい。それはドライフードは水分が豊富な食事に比べると、生物学的に最適ではないからです。ヒューマングレードである事が大切なのは、それが理論的に、人間用であり、副産物で作られたものではないという意味だからです。

リストの6番目は、スーパー・プレミアムの缶のフードです。スーパー・プレミアムの缶フードは、ペットコやペットスマート(*訳者注>米国大手のペットショップ)などの一般のペットショップにて購入する事ができます。

7番目はスーパー・プレミアムのドライフードです。

8番目は獣医に勧められた缶フードです。獣医さんにて販売されています。ブランド名は、サイエンス・ダイエット、ピュリーナの処方食や、ロイヤル・カナンやウェルサムなど。これらは全て獣医系の缶フードで8番目のリストに入ります。

9番目のリストは獣医に勧められたドライフードです。

10番目が、スーパーで売られている缶フード。

11番目が、スーパーで売られているドライフード。

12番目、リストの最後の方のリストですね。これは袋に入った「しっとりタイプ」のフードです。私がなぜこのタイプのフードをおすすめできないのかというと、まずは缶につめられておらず、袋に入っているという事。そして、開封してみると、フードは柔らかくて、腰のある感じですね。この包装に表示されている材料をよく見て下さい。この手のフードには「プロピレン・グリコール(Propylene Glycol)」というものがあるはずです。「プロピレン・グリコール(Propylene Glycol)」はなぜかペットフード業界で使用してもよいと許可されているとても恐ろしい材料です。これは不凍液(Antifreeze)、つまりエチレン・グリコール(Ethylene Glycol)の「はとこ」にあたります。「プロピレン・グリコール(Propylene Glycol)」を食べるのは、ペットにとってとても不健康ですので、この材料が含まれるフードを与えないようにして下さい。

13番目、リストの一番最後──最悪のフードの発表です。それは、バランスの取れていない手作り食(生/加熱食)です。鶏の胸肉に野菜を入れただけでおしまいという餌を与える人々も私の診察にくる人のなかにいくつかいます。たとえ手作り食でも、生物学的に必要なカルシウム、ミネラル、微量やオメガ脂肪酸などが満たされていない食事を「適当」に作る事によって、内臓の衰退や、骨格の問題が起きてしまいます。

最悪のフードを最高のフードに変えるには

面白い事に、リストの中でも一番最悪だったバランスの取れていない手作り食は、適正なレシピを守り、必要な材料を加えると、たったの数分でいとも簡単に一番ベストなフードに甦る事ができるのです。バランスの取れていない手作り食を正しい方向に帰るのはシンプルで簡単な事です。

さあ、というわけで、以上がベストからワーストフードのリストでした。もし、あなたが、このリストの下半分にあるフードを与えている場合は、目標を決めて少しずつ上に上がっていきましょう。すでにリストのトップにいる場合は、自分のペットにベストなフードを与えているあなたの事をしっかりと褒めてあげて下さい。

オリジナル(英語): 13 Pet Foods – Ranked From Great to Disastrous…
Posted on healthypets.mercola.com by Dr. Becker on July 21 2010
*この記事は米国Dr.カレン・ベッカー先生のサイトスタッフさんに許可を得て、その英文をBig Tree for Animalsが日本語に翻訳したものです。当サイト、Big Tree for Animalsは、Dr.カレン・ベッカー、またはmercola.comとの提携関係は一切ありません。

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m

【米国発】連載コラボ企画!第3回目:犬の食事

──Big Tree:犬は「総合栄養食」の市販のドッグフードを与えるのが一番いい!と信じていた私は、母が当時飼っていた犬に人間の食べ物の残り物のご飯をあげようとしているのを見て「人間のご飯あげたらあか〜ん!」と怒っていた … 続きを読む

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m