馬は関係を築いた人間を絶対に忘れない

By ジェニファー・ヴィエガス(Jennifer Viegas)

米国発──最近のリサーチによると、人間同志の関係は続いたり続かなかったりしますが、人間と可愛がった馬との関係はとても長いようです。また馬は思ったよりも人間の言葉を理解し、とても良い記憶力を持っており、しばらくの間離れていた人間を覚えている事はもちろん、10年前に学んだ複雑な問題を解決する方法を覚えている事もあるそうです。

人間との絆の深さは野生の馬同士の関係の深さと関係していると思われます。野生の馬は馬同士の親戚、友達そして攻撃性のない他の馬との新しい関係を築く事について非常にオープンだといいます。

このリサーチを行うキャロル・サンキー氏によると、馬は家族である他の馬や、他の家族の馬とも関係を築く事があるそうです。

「ウマ科の動物の他のメンバーとの関係はとても長く、時には一生続くこともあります。」と動物行動学ジャーナルへの出版が認められたサンキー氏は言いました。

レニス大学の動物行動科学者であるサンキー氏とその同僚達は、フランスのシャンベレット(Chamberet)の馬小屋で暮らす20頭のアングロアラブ馬と3頭のフレンチサドルブレッドに対し、8ヶ月の間離ればなれになっていた女性のトレーナーとそのインストラクターをどれだけ覚えているか、という研究を行いました。

このトレーニングプログラムでは、41項目もの基本的なグルーミングと、メディカルケアを馬に施すもので、「スティ(待て)」という口頭のコマンドに対し、じっとしている事に加え、足を上げたり、肛門に温度計を挿入する事を我慢するなどが含まれました。馬がコマンドの通りに従った場合には、トレーナーはご褒美としておやつ(フードパレット)がもらえるという事でした。

美味しいご褒美をもらえた馬は 実験者に対しその手を嗅いだり、舐めたりするという「ポジティブな行動」を示したと研究者は述べています。これらの行動は、馬が普段相手の馬への愛情を示す時に使う行動だそうで、もっとご褒美をもらう為にしている行動ではないという事です。

科学者によると、ご褒美なしにトレーニングを行った馬は4−6倍の確率で手を噛む、蹴るまたは実験者の上に寄りかかるなどの「ネガティブな行動」を示したという事です。

これらの実験の結果から、馬は( ポジティブなトレーニング方法に対し)私たち人間となんら変わりのない事が分かります。彼らは、ポジティブな環境で学んだ場合、習得率や、習得された事への記憶の結果が良いという事が言えます。

8ヶ月の別離の後、ご褒美と共にトレーニングを行った馬は同じ実験者を覚えていました。そして新しく出会った人間をもすぐに受け入れるなど、「人間に対するよい印象」を持ち続けたといいます。

研究者は「これらの実験の結果から、馬は( ポジティブなトレーニング方法に対し)私たち人間となんら変わりのない事が分かります。彼らは、ポジティブな環境で学んだ場合、習得率や、習得された事への記憶の結果が良いという事が言えます。」と述べました。

そして普通人間が犬をトレーニングする際にも、ポジティブなトレーニング法を用いながら、口頭でのコマンドを用いますが、一般に乗馬のトレーニングには、ビット(口の中の棒)や乗馬人の足の動き、体重の掛け方など、馬の「触感」を使い訓練してゆく。という事だそうです。

「馬は人間の言葉を学び、記憶する事ができる」という事と犬よりもさらに聴覚が優れているという事で、研究者は馬のトレーニングにもっと口頭のコマンドを使ったらより良い成功が収められるのではと言っています。屠殺所送りになっていた野生のムスタングや人に慣れている馬の保護、トレーニング、譲渡を行う非営利団体「ライフセーバーズ・ワイルド・ホース・レスキュー」の代表ジル・スターは、ディスカバリー・ニュースの取材に対し、今までの経験の中で、馬は『トロット(小走り)』などの口頭によるコマンドにとても良く対応すると言っていました。しかし人間が馬にベラベラとまくしたてる様な環境は、本来の馬の自然な環境ではなく、良い関係を築くのには適していないとも言っています。

しかしスター氏は「確かに馬は忠実で、賢く、良い事や悪い事柄に対して、とても長い記憶力がある」と認めています。「馬は人間の間違いを許してくれる動物です。でもその出来事を「忘れる」事はありません。」

このポストは以下のサイトの記事をそのまま翻訳して掲載したものです。
Global Animal: http://www.globalanimal.org/2011/11/05/horses-never-forget-their-human-friends/12452/
Discovery News: http://news.discovery.com/animals/horse-friends-memory-trainers.html

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m