母の日☆ファームサンクチュアリーで子豚達と永遠に幸せに暮らせるようになったお母さんブタのジュリア

▲ファームサンクチュアリー☆豚のジュリアと子豚達

世界中の動物のお母さん達が、子供達と平和に暮らせる日が来ます様に。。。「わたし達にもできる事」も合せてどうぞ♬ 〜Big Tree for Animals

ファームサンクチュアリー・ナショナル・シェルター・ディレクター、スージー・コストンのナレーター

牧場に朝日が昇ると共に、豚のジュリアと彼女の子豚達は寝心地のいい寝床から出て一日の冒険を始めます。母となった豚は、とても大きな愛情を子供達に示す生き物です。もちろんジュリアも例外ではありません。今私とここに一緒にいるのは「ダイアン」。ジュリアの子豚の一匹です。群れの中でも一番身体が小さかった子でした。

畜産動物としての生活を強いられる豚達は、ここ、ファームサンクチュアリーで見られる平和な様子とは正反対で、子豚を産んでもその子達を見たり触ったり、愛情を込めて育てる事が許されません。ここの暮らしでは、母豚ジュリアは毎晩自分と子豚達の為に寝床作りをします。そしてみんなで一緒になって眠るのです。彼女達の関係は、この牧場に住む他の豚達とその子豚達同じように、一生続きます。

畜産業界のシステム内にいる豚達は、この素晴らしい親子の絆を体験する権利を奪い取られています。元畜産動物だったジュリアがそうだった様に、業界の豚達は年に2.5回出産させられます。このシステムでは妊娠させる機械を用いて全て行われ、母豚は子豚の世話をしたり、可愛がったりする事ができません。ジュリアの様に出産直前にファームサンクチュアリーにレスキューされ、安全な状況で子豚達を産み、育て、絆を深め、母である事を祝えるのを見るのは私たちにとっても大きな喜びです。そしてこのように、母豚と子豚の素晴らしい関係をこの牧場に来る人達に見せれる事も素晴らしく役に立っています。人間だけではなく、動物達も自分の子供が愛しく、可愛いのです。ですから毎日、特に母の日には、ファームサンクチュアリーでも母の日を祝いたいと思います。母の日にでさえ自分の産んだ子供達と一緒にいられない動物達の為に。

ファームサンクチュアリーのサポーターの皆さん、ジュリアや子豚達、そしてここにいる全ての動物達がこうして幸せに暮らせるのはサポートして下さる皆さんのお陰です。本当にありがとうございました。

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m

【米国】ファーム・サンクチュアリー、畜産業界で被害を受け、保護された動物の動物病院を建設

米国で最大の家畜動物の保護団体、ファームサンクチュアリーに新しく動物病院がオープンしました。〜Big Tree for Animals 「メルローズ・スモール・アニマル・ホスピタル」と懐けられたこの病院は、ニューヨーク州 … 続きを読む

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m

家畜トラックから落ちた子豚のムッシューと犬のハンター

道路の脇で怪我をして気を失っていた子豚を保護した一家の飼い犬ハンターとその子豚「ムッシュー」の心温まる関係のお話です。 〜Big Tree for Animals ムッシューは家畜用のトラックから落下したと思われ、頭にひ … 続きを読む

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m

【アメリカ発】家畜動物のレスキュー、権利擁護、一般への教育活動を行う全米最大の団体★ファーム・サンクチュアリーについて

アメリカのニューヨーク州と、カリフォルニア州オーランド市とロサンジェルスにそれぞれ175エーカー、300エーカーと26エーカー(約70〜121ヘクタール)もの広大な土地を所有し、畜産動物の保護・擁護活動とビーガン・ライフ … 続きを読む

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m

【感動】母さん牛「カルマ」とその子牛の再会

子牛達のホームカミング!」のポストでお伝えした子牛さん達の物語──あの子牛達のお母さん牛達は、ほぼ間違いなくお肉になっているか、今でも酪農牛として牛乳を作らされているんでしょうね。これから紹介するビデオは、米国カリフォルニア州のサンタクラリータ市にある「ジェントル・バーン(優しい家畜小屋、又は納屋)」という家畜動物愛護団体が作ったものです。

スポンサードリンク

「カルマ」という名前の母牛をレスキューしたこの団体は、レスキューの際、カルマを所有していた業者(または人)からカルマは実は子牛を産んだばかりだという事を聞かされていなかったそうです。

──ビデオの声「昨日の晩にこの雌牛(カルマ)をレスキューしたんだけど・・・そこの人は彼女がそこで子牛を出産したばかりだって言わなかったよ。このカルマがうちに来た直後は分からなかったんだけど、彼女はすごく動揺していて、子牛の事を探すように呼び声をあげ続けていたよ。彼女の心の傷みが伝わってくるようだ・・・。」

カルマ、子牛を求めて鳴く
一晩中鳴き続けたカルマ

カルマが大声を上げて鳴く。

──ビデオの声「ホントに子牛を取り返したいんだね。(再会の)様子が最後まで撮れるように、このビデオの電池残ってるといいけど。」

──画面の文字牛は非常に知能が発達しており、特に母牛と子牛の絆はとても強いと言われています。カルマは昨晩中大きな声で鳴き続け、その時点で彼女に子牛がいると知らなかったスタッフはどうする事もできませんでした。

──ビデオの声「さあ、これから彼女の子牛を連れてくるよ。見て、彼女の乳房からミルクが滴り落ちてるでしょ。あの人(カルマを売った業者)はこんな大切な事(子牛がいるという事)を僕らに説明すらもしなかったよ。」

場面が変わり、トラックが到着した様子を映し出します:

レスキュートラックが到着
子牛を乗せたトラックが到着!

──画面の文字:カルマの子牛を乗せたレスキューチームのトラックがジェントル・バーンに到着した。そのトラックを見たカルマが、そのトラックの中にいる存在が、彼女が今一番欲している彼女の大切な子牛である事を期待するかのように、立ち上がった。

トラックが開き、中から子牛が出て来ました。

──画面の文字遂にカルマのいる所からも子牛が見えた。カルマの呼び声が子牛にも届き、弱り疲れた小さな呼び声が、その子牛からも発せられた。

お母さんのもとへ入る子牛
衰弱した子牛をカルマのいるゲートの中へ

──画面の文字カルマとシャンテ(もう一匹の牛)が子牛に必死で近寄ろうとしています。一方で子牛はストレスと空腹の為その場で倒れてしまいます。レスキュアーが子牛をもう一度立ち上がらせる事に成功し、子牛を母牛の元に引き寄せます。しかしストレスと衰弱がもう一度子牛を襲います(子牛は再び地面に倒れ込みます)。

中に入って母と再会した子牛がやっとの事で立ち上がり、母牛カルマのミルクを飲みはじめます。

やっとありついたミルク
やっとありついた母さんのミルク

──ビデオの声「(嬉しそうに)やっぱりこれが一番だよな!」

我々の仕事とは我々の慈悲(または同情)の心の輪を広げ、全ての生き物と自然のその美しさを受け入れる事である。
──アルバート・アインシュタイン

私は肉も食べるし、乳製品も使うけど、私にも何かできるのかな〜という方々へ。
私たちにもできる事をどうぞご覧下さい

この記事はリンクフリーですが、Big Tree for Animalsの許可なしに、このサイトに掲載の記事など、すべてのコンテンツの複写・転載をするのはご遠慮ください m(_ _)m